上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

パークゴルフ|ショットの打ち分けとスタンス

スポンサーリンク
その他
この記事は約5分で読めます。

ショットを打ち分ける

 

ひで
ひで

今までにいくつかのショットを教えてもらいましたが、それらを総合的に違う点などをまとめて解説してもらえませんか。

きたはち
きたはち

これまでも、一つ一つのショットに対して、気を付ける点などを説明してきましたが、そうですね、まとめることも必要でしょう。

この動画は「みんなのパークゴルフ」略して「みんパゴ」チャンネルで紹介されているものです。

【パークゴルフテクニック】 ショットの高さを打ち分ける  [파크 골프] 샷의 높이를 나누어 때리는

 

きたはち
きたはち

いかがでしたか。違いがわかりましたか?。
では一つ一つ解説してみましょう。

ボールの位置とバックスイング

まず、注目していただきたいのは、この方の打ち方の違いです。両足とボールの位置、そしてバックスイングに注目してみましょう。

ちょっと見では良く分かりませんが、何度かストップをかけてみることも良いでしょう。

転がし

 

この場合はクラブを少し高めに引いて、その角度で打ち出しています。

スタンスは他に比べると平行に近くなっています。、ボールは左足のつま先よりやや内側です。

 

ライナーと転がし

 

両足の向きが先ほどよりも少しオープン気味になっています。バックスイングが少し下がってきています。

そして右ひざの曲がりが転がしより若干曲がって見えますね。これは重心を右足に移しているからだと思われます。

ボールの位置が少し左に来ています。

これはややロブショット気味に打つための方法のようです。

 

ロブショット

 

両足が一段とオープンになっています。右足の曲がりも大きくなっていますね。べた足で重心を残すためです。

スイング後もかなり右足に重心が残っています。バックスイングもライナーよりも少し下がりました。

 

それにしても、同じようなスイングでこれだけの打ち分けができるというのは素晴らしいことです。

注目すべき点はどの打ち方もクラブのグリップ・エンドが体の中心に向いていることです。そして、バックスイングで腕が下がる分、ボールが上がるという結果を生み出しています。

スイングのヒントになっていますね。

日頃の鍛錬の結果でしょう。このプレイヤーの方向性の良さも目を見はるものがあります。さすがに例として起用されるだけのものがあります。

是非見習いたいところです。

 

きたはち
きたはち

今までのショットで、常に私がポイントとして上げてきたグリップ・エンドの向きと、脇を締めること、そして距離に応じてバックスイングを変えること、これは共通しています。

ご隠居
ご隠居

おや、きたさんも脱帽の技術ということかね。

きたはち
きたはち

はい、ご隠居さん、少し見習おうと思います。
ひでさん、いかがですか。

 

ひで
ひで
はい、参考になる点がたくさんありました。
また練習します
ご隠居
ご隠居

ところで、私がたまに出てきたのだから、ついでにもっと参考になる話を続けてもらえないかね。

きたはち
きたはち

ではもう一つスタンスについて質問が来ていますので、そちらを紹介しましょう。

スタンスについて知りたい

はな
N.T

始めて6ヵ月。 一緒にやってくださる人によってボールを打つときの

スタンスの教え方が違うので迷ってしまい困っています。

女性に適した足の置き方が知りたいです。

きたはち
きたはち

N.Tさん、ご質問ありがとうございます。

人によって違うスタンス

スタンスは人それぞれです。女性に適したスタンス、というものは存在しないと考えてください。あるのは、「その人に適したスタンス」です。

肩幅よりやや広く、というのが一般的ですね。広いスタンスは、方向的に安定するものですし、狭いと左右のブレが出やすいという欠点があります。

一方、広いと、重心の移動が大きくなり、ダフったり、ボールの頭(上側)を叩いたりし易くなります。

しかし、狭いと重心の安定感があり、クラブフェイスの芯に当たりやすくなります。

そこで、どちらの良さも考えた「肩幅よりやや広め」という理論が成り立つ訳です。

N.Tさんも、ショット練習(できればケージでの練習)をたくさんされて、自分に合ったスタンスと打法を身に付けていただきたいと提案いたします。

私は一時、スタンスを広く取り、腰をかがめて打っていました。この方法はボールもよく飛び、安定感もありました。

しかし、あまり見てくれの良いものではなかったので、「普通の」スタンスに替えています。

あなたにアドバイスをくれた人は、自分が実施している安定したスタンスだからそう言っているのだと思います。

しかし、それはその人に当てはまっても、あなたに当てはまるとは言えません。

ですから、たくさんボールを打って、最適の、あなたなりのショット法を身につけてください。

例えば次のようなことを試してみてください。

1 ボールの置く位置を、右か左に置く

2 体の近くに置くか、離れた位置に置く

3 オープンスタンスやクローズドスタンスで打つ

一つだけ確認しておきます。

オープンに構えた時、ボールを左に置いた場合は、スイングするとだんだん体から離れた位置でボールに当たることになりますから、芯でヒットすることが難しくなる場合があります。

当然、そのようなことがあったら、ボールを体の近くに持ってくるという調整をしてください。

きたはち
きたはち

多くのプレイヤーは数多くボールを打って、その中で自分なりのショット法を身に付けているのです。N.Tさんも頑張ってくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました