上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|抜きロブショットの実践(動画付き)

ティーショット
この記事は約3分で読めます。
Y.K
K.K

抜きロブショットについて。多少は打てるのですが、芯に当たる確率が悪いです。アドレスはやや目標向けのオープン、ボールは右足前のやや外目、フェイスは目標向き、ボールの真ん中でセットして、スィングはスタンス方向です。フェイスのヒールに当たる事が多いです。
修正点を教えてもらいたいです。

 

ロブショットの基本形

 

きたはち
きたはち

ご説明の内容を拝見すると、「ボールを右足の前のやや外」と記載されていますが、右足の外に置くと、かぶせ打ちのスタイルになり、両足と平行には打てないように思います。(右利きですよね)

ボールは両足の間が基本です。

もし、私が勘違いしていて、実は両足の間に置いているのであれば、次の説明をします。

ヒールに当たるのはインパックとの瞬間に腕が両脇を離れ、肘が伸びてしまっていることが考えられます。腕の力で打とうとせずに、両脇を締めたまま、体の回転(捻転を戻す回転力)で打ってみてください。

最初はバックスイングを小さく、徐々に大きくして言ってください。

トウに当たる場合はボールの位置が遠すぎるということが大きな要素として考えられます。斜めにふるから、だんだんボールから遠ざかるのが理屈です。

私の回答がご質問内容をとらえていなければ、再度お問い合わせください。

きたはち
きたはち

というところまで書いて、私がきちんとK.Kさんの質問に答えていないことに気が付きました。

抜きロブショット

みんパゴチャンネルで抜きロブのデモ動画がありましたので、拝借しました。

正直に言いますと、私は「抜きロブ」という技術を知りませんでした。そういう意味からいうと、K.Kさんの方がかなり先を走っておられるようですので、そんな方にアドバイスとはおこがましいことです。

この動画をご覧になった後で、私の考えを述べさせていただきます。

抜きロブ練習【パークゴルフテクニック】白老パークゴルフクラブ練習場

これは難しいテクニックですね。今の私にはできそうにもありません。

ですが、感じたことを述べます。

ロブショットそのものがクラブを斜めに引っ張るので、ボールに当たるフェイス面が狭くなってしまいます。

この抜きロブではさらに左に引っ張るので、当然、フェイスにきちんと当たる確率はさらに小さくなりますね。ですから、クラブが通り抜ける軌跡はしっかりとボールの位置をとらえなくてはならないですね。

そのためには、やはり手打ちはご法度です。この動画の方でも何度か左にひっかけ、開いて右に飛び出る、というのがあります。それだけ難しいショットですね。

注意する点は、頭の位置を動かさない、ということと、両脇をしっかりと締めてボールを結ぶ線上を通すこと、と結論づけました。

 

きたはち
きたはち

K.Kさん、申し訳ありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました