上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ビギナーに多いミスショット

ティーショット
この記事は約2分で読めます。
きたはち
きたはち

ビギナーの人は、ボールがうまく当たらないという悩みを口にします。

それは何故そうなるのかということを説明すれば、納得した上で改善につながるという良い結果に発展していきます。

今回はそのようなミスショットについて検証しましょう。

 

トップもダフリも原因がある

トップとは、ボールの上っ面を叩くことで、ダフリはボールの手前の板や土を叩いてしまうことですね。

それがなぜ起こるかと言うと、きちんと科学的に分析できます。その理由は
1 クラブヘッドとボールの位置関係が遠くなる→トップまたは空振り
2 クラブヘッドとボールの位置関係が近くなる→ダフリ
これだけです。

ではなぜ、そのようなことが起こるのか。それは体の上下や腕の伸び縮み、これにつきます。

次の動画を見てください。YPGさんがその失敗を実演しています。笑ってしまうほどオーバーな動きですが、大なり小なりこういう動きにより、きちんと当たらないことがよく分かります。

 

 

改善策

動画を見てお気づきになると思います。こういう間違った動きを止めれば良いのですね。

1 頭を動かさない。そのためには上下左右に体を動かさないこと。

2 腕の伸び縮みをさせない。特に左腕は曲げないこと。

このことは、常に意識していないとできません。YPGさんはわざと上下・左右の動きを演じています。これも意識しないとできないことです。

ということは普段は意識するという感覚は持たずに、理想とするスイングがなされているということかもしれません。それだけ練習を積んだということでしょうね。

私はよく伝えるのですが、ショットの練習で、スマホなどで動画を撮ることをお勧めしています。自分のフォームがよく分かります。上下動や腕の伸び縮みについて是非確認してください。スローで再生できる高速撮影機能のついたカメラなら理想的です。でも普通の動画でも十分です。

きたはち
きたはち

その他のミスショットも必ず原因があります。検証してみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました