上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|打ち分けの名人芸、ロブ・ライナー

お問い合わせ
この記事は約3分で読めます。
Y.K
M.M

ティーショットで、打ち分けをする方法を教えてください。

できれば、ボールの位置、両足の位置、スイング軌道等について具体的であれば、

嬉しいです。

 

きたはち
きたはち

では、打ち分けの名人と言われるT.Uさんの動画を見ながら解説を勧めましょう。

打ち分けのポイント

T.Uさんの「感動すべき」打ち分けの動画を披露します。

いかがでしょうか。本当に名人芸とも言えるショットの数々ですね。

動画で紹介された内容に沿って、順に補足していきましょう。

上げ打ち

いわゆる「ロブショット」ですが、普通の打ち方と、さらに高く上げる打ち方を見せています。

1 ボール・足・スイング
ボールは両足の間に置きます。ただし、打ち出すボールの高さによって左足の開き(体を左に開くという意味です)が大きくなっています。それはクラブフェイスをさらに上を向くようにという意図によるものです。スイングは他のロブショットと同じく、両足のつま先と平行なスイング、すなわちアウトサイドインの振り方です。

2 メリット
ラフを大胆にショートカットできる。
ある程度飛距離を稼げる。
コースの凹凸やハザードを無視できる。

高めのロブショット

1 ボール・足・スイング
両足を開く分、ボールの位置は両足の中間寄りになります。
スイングはやはり両足と平行。

2 メリット
高く上がる分、ボールが止まりやすい。地面に落ちてからのランが少なくなるため、転がり過ぎを防ぐことができ、グリーン奥にOBがある時などに有効です。
植栽などの高い障害物を回避することができます。低いネット越えなどにも有効ですね。

ライナーショット

1 ボール・足・スイング
ボールは左足のつま先くらいのライン。あまり左に置くと、クラブがボールに届かず、ボールの上を叩いてしまいます。足は飛球線の方向に平行です。
スイングも飛球線に平行です。とは言ってもボールを飛ばすには肩を回してインサイドインという方が自然でしょう。

2 メリット
飛距離が伸びる。
ラフの上でもボールが走りやすい。
強風時にも影響を受けにくい。

まとめ

私がいつもT.Uさんのスイングで感心するのは、きちんと頭を残す打ち方をしているという点です。これも理想的です。

普通、距離を稼ごうとすると、バックスイングで重心を右に持って行き、インパクトからフォローまで重心を左に持っていく打ち方(右利きの場合)をします。特に十勝打ちではそういうショットをします。とは言っても十勝打ちを否定している訳ではありません。

頭を動かさないということは目とボールの位置が変わらないため、ミスショットが無くなるということです。力を入れてスイングしても、狙う方向に打ち出すことができるということです。

他のページでも紹介していますが、T.Uさんはこの打ち方をマスターするために、2000球を打ったそうです。傾聴すべきことですね。ほんの100球打ったくらいでは自分のものにはなりません。どんな打ち方でも練習が必要です。

 

きたはち
きたはち

どのスイングにも言えることですが、クラブを振る方向は、常に両足と平行です。

これが違ってくると、ボールを狙う方向に飛んで行くかせることが難しくなります。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク
お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
パークゴルフのお悩み相談受付中です。 もちろん、無料ですから安心してください。 ただ、こちらからの返信が不明で戻ってくることがあります。1週間たっても回答がない場合は、受信できる状態で再度送信してください。
お問い合わせティーショットテクニック
スポンサーリンク
シェアする
kita-hachiをフォローする
スポンサーリンク
上々パークゴルフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました