上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

パークゴルフ|狙った方向に決めるパットの打ち方

スポンサーリンク
パット
この記事は約5分で読めます。

パットが狙った方向と違う

 

はな
K.K

パットをした時、狙いと違う方向にボールが転がって行くことがよくあります。改善点を教えてください。

きたはち
きたはち

 

分りました。

思った方向にいかない理由はいくつかあります。

それを考えてみましょう。

 

パットがぶれる理由

1 体の向きが違っている。

2 小手先だけで打っている。

3 打つ瞬間にボールから目が離れる。

4 グリーンの傾きに気が付いていない。

 

こういう内容で検証してみましょう。

まず、次の2枚の写真をみてください。

 

このプレイヤーのパットは、インパクトの瞬間にフェイスが開いているということがよく判りますね。(下の画像)

つまり、クラブフェイスが向きを変えてしまっているのです。しかも影からわかるように、バックスイングではクラブをかなり持ち上げてから、上から叩くようにパットをしています。(上の画像)

このプレイヤーは芝面にダフルことを恐れて、このような打ち方になってしまったと思われます。しかしこのプレイヤーは、長い期間、この打ち方をしているので、パットは上手なんです。

このことは非常に大切な意味を含んでいます。

 

インパクトの時のクラブフェイスの向き

つまり、パットでボールが打ち出される方向は、インパクトの瞬間のクラブフェイスの向きで決まる、ということなのです。

このことは何もパットだけではなく、他のショットについても言えることですよね。

 

ですから、狙った向きにボールを打ち出す方向はきちんとクラブフェイスが(または、上の写真で言うと、クラブヘッドに刻印されている白い矢印)目標に向かっていることが大切なのです。

 

体の向きの確認方法

これは、仲間に後ろから見てもらえればわかりますが、自分で確認するためには、両足のつま先に当たるようにクラブのシャフトを置いてみてください。

そして、クラブを置いたまま、そのクラブの向きが目標に向いているか、後ろから確認してみてください。

それで目標と違う方向を向いていれば、あなたの体は違う方向を向いているということです。

このことはティーショットやアプローチでも言えます。ラウンドしている時はなかなかできないので、練習の時に行ってください。

 

小手先だけで打たない

両足と体の向きが正しく決まったら、次はパットの瞬間にクラブフェイスが目標方向からズレないことが必要です。

そのためのはクラブを真っすぐ引いて、真っすぐ打ち出す、ということがよく言われますね。

しかし、これには落とし穴があります。それはクラブフェイスの向きが変わるということがあるからです。

真っすぐに引いてもフェイスの向きが変わっては意味がありません。ポイントはフェイスの向きを変えない、ということです。

パットで大切なこと

1 両脇をしっかり締める。

2 スイングは手先で行うのではなく、左肩を上げることで行う。この時、「イチ、ニイ、サン」で打つと急いでしまうので、「イチ、ニイ の サン」と、引いた時に少しタメを作る方が失敗を少なくできます。

3 打った後も、ボールのあった場所から目を離さない。すぐに顔を上げてボールの行方を見たい気持ちになりますが、グッと我慢してください。顔を回すと、肩も左(右利きの場合)に引っ張られてひっかけてしまいます。

4 そしてもう一つ、「重心」の位置です。しっかり両足に乗っておくことが大切です。ちょっとしたことで、体が揺れてしまい、違った方向に出ることがあります。特に風が強い時などには留意が必要です。

50cmのパットも50mのティーショットも同じ1打ですよね。せっかく近くに寄せたのに、それを外してしまうとショックが大きく、後のプレイにも影響することがあります。

そしてホールアウトしてスコアの発表があった時に、「ああ、あの1打が入っていれば、という悔しさが改めて思い出されて、さらに後悔の気持ちが出てしまいます。

パットのブレる原因がはっきりすればそれに対処する方法も考えることができます。

ぶれを防ぐ

パットの際に両脇が空いている、すなわち脇が体から離れてしまっている、ということがあります。この点については他のショットと同じで、脇を空けては狙った方向には打てません。ですから、解決策は

①必ず両脇を締める

②狙う方向はクラブヘッドの矢印で確認する

③フォローを狙いの方向にとる

ということがしっかりできていれば、そんなに外すことはありません。

確認を忘れない

私のことを申し上げれば、実は私は両目とも乱視が入っていて、パットの時に、クラブを上から見ただけでは狙う方向が分からないと困った現象があります。

ですから、パットをする前に必ずラインの後ろから狙う方向を確認します。そしてその方向が決まったら、クラブをしっかりと芝に押してつけて方向が変わらないように固定したまま、体を回してパットの体勢に入ります。

この時、クラブが動かないようにすることが大切です。上から抑える力が弱いとクラブヘッドも回ってあらぬ方向を向いてしまいます。ここが一番大事なポイントです。

(クラブヘッドにある矢印・ラインを目標に向ける)

次に両足を、狙いの方向に平行に構え、両脇の締めを確認して、左右の肩の上下ででヒットします。正確に言うと、肩を回転させるのではなく、左肩を上げるという運動です。肩を水平に回転させたら、方向が狂ってしまいます。

この時ピンを見ないで最後までしっかりとボールから目を離さないことが肝心です。ピンを見ると体が左に回って、引っ掛ける失敗をしてしまいます。

これをフォローで考えると、打った後もピンが立っている方向、あるいは狙っている方向にフォローされるように意識することです。回転ではありません。パッティングはフォローまで意識してください。

 

きたはち
きたはち

50m も 50cm も同じ1打です。

パットを正確に決めてスコアアップにつなげましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました