上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|プロに学ぶパット術(2)ブレないグリップ法

テクニック
この記事は約2分で読めます。

これは理屈に合ってる!

 

きたはち
きたはち

プロに学ぶパット法の第2弾として紹介します。私もこれに似たパッティングをしていますが、それよりも一段上を行くパッティング法と言えます。

まず、動画を見ましょう。少し長い(15分)ですが、半分くらいでもよく分かります。必見ですよ。

 

いかがですか?

まとめます。

1 短く持つ
2 グリップエンドを左腕に当てる
3 その状態を維持してストロークする
4 ボールは少し左目に
5 左脇は絶対に締める

 

ということでしたね。左手首に固定するということは目からウロコでした。
さっそく実践しましたが、かなり良いです。今まで外していた短い距離のパットが、自信を持って打てるようになります。是非実践してください。

1つだけ、アドバイスをすると、パークゴルフのクラブには長尺がありませんから、この方法の構えでは、足をオープンにすると打ちやすいです。

「上々パークゴルフ」では、これに似た提案を「フォロースルーを考える:ショットとパット」で掲載しています。

基本的な狙いは同じです。今回の提案をより確実な技術にするために、参考にしてください。

「フォロースルーを考える・ショットとパット」に飛びます

 

なお、解説に出ていたアメリカのプロゴルファー、デシャンボー選手について少し紹介しておきます。
米国では「ゴルフの物理学者」という愛称で、独自のスイング理論をもつブライソン・デシャンボー。今シーズンはすでに米ツアーと欧州ツアーで計2勝を挙げて、世界ランキングは8位まで浮上しています。
写真でお分かりのように、バックスイングでコックを使わないのが特長です。


(ゴルフサプリより)

なお、彼は東京五輪にアメリカ代表として選ばれていましたが、出国前の最終検査でコロナの陽性反応が出て、やむなく出場を断念せざるを得ませんでした。

きたはち
きたはち

短いパットも1打です。大切にしましょう。

【スポンサーリンク】

コメント

タイトルとURLをコピーしました