上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

上々パークゴルフ|パットの時のボールの位置

パット
この記事は約4分で読めます。

 

きたはち
きたはち

あなたのパットを見直してみませんか?

家の中でできる練習です。

パットの時のボールの位置

北海道は緊急事態宣言のあおりを受けて、パブリック・コースが閉鎖されています。有料のコースも一部は休業している所もあるということで、パークゴルフを楽しむ場所が限られてきていますね。

さて、そんな時は少し自分のスイングのチェックや改善などに時間を割くということも、これからのパークゴルフ人生を続け、楽しむためにもあって良いのではないかということで、このような企画を設けました。

特にパットは一番大きな要素です。1mもないパットを外すと大いに後悔をすることになります。パットに練習時間を割くべきです。パットなら家の中でも練習できます。

ショットとパットでは異なる位置

ショット、特にティーショットのボールの位置については、すでに触れています。今回はパットの時のボールの位置について考えてみましょう。

ティーショットとパットではボールの位置が同じと言う人は少ないと考えます。それはボールに対するアタックの仕方が違うからです。

ティーショットではボールを激しく叩くためと、方向性を正確にするために自分にとって最適な場所に置いているはずです。しかもその位置は両足の真ん中より左側、場合によっては左足よりさらに左に置いている人も数多くいます。

オープンに構えている人は、真ん中だ、いや、むしろ右足の位置だ、などという人もおいででしょう。しかし、多分、いや、間違いなく、同じ位置にボールを置いてパットする人を見たことはありません。なぜなら目的が違うからです。

パットは上体で打つ

ティーショットはほとんど全身を使って打ちますが、パットは上体のみで打ちます。全身で打つとどんなことになるかは言うまでもないことでしょう。どちらかというと、パットは静的な動きの中で行います。目的の方向に対して、真っ直ぐに引き、目的の方向に真っ直ぐ打ち出す。

ここで水平方向の回転運動が入ったら、真っ直ぐに狙うことができずに方向が狂ってしまいますね。
だから「真っ直ぐに引き、真っ直ぐ打ち出す」ことが必要な訳です。

ボールの位置は異なる

パットの打ち方と目的は「真っ直ぐ」ですが、ボールの位置については人によって異なります。概ね真ん中より左足(右利きの場合)に近い位置が多いことは確かですが、人によっては真ん中に置いている人もいます。さすがに右側に置いている人は見たことがありません。

それはその人が経験の中で、そこに置いた方が、最もカップインし易いということだからなのでしょう。それについて「違うよ」ということを言うつもりはありません。その人にとって、そこはベストポジションなのですから。

ですが、この自粛の日々の中で、一度ボールの位置を置き変えてパットしてみませんか? もちろん練習の際にです。いろいろ試してみるのにも良い機会だと考えます。

もちろん、最初は違和感があるかもしれませんが、もしかしたら、今まで以上にカップインし易くなるかもしれません。そういう期待感が持てる練習内容です。

スクエアかオープンか

試してみるのは、まずボールをどの位置に置くかです。

いつもの位置を赤丸とすると、その位置を位置を左右に、あるいは手前にと置いてみましょう。一番良い感じで打てる場所を探してみましょう。矢印は目標の方向です。

より左に置くと、目標のカップの位置が見やすく、狙う方向が決めやすいという特長があります。

次は足をオープンにする場合です。

オープンにすることによって、さらにカップがよく視界に入りやすくなります。

クローズに構える人は見たことがありませんが、試してみても良いかもしれません。

共通する注意点

いずれの場合もパットし終わるまで決して顔をカップの方に回してはいけません。ついボールの行方が気になって見てしまいがちですが、それが打つ前に出てしまい、方向が狂うことがあります。ですからパットして一呼吸おいてから顔を動かす習慣をつけましょう。これが一番のポイントです。

きたはち
きたはち

さらなる技術アップを期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました