上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ロングパットが苦手な人のための動画

テクニック
この記事は約1分で読めます。
きたはち
きたはち

ロングパットをする時、つい力が入ってしまい、方向が狂い易くなります。それを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。またYPGさんの動画をご紹介します。

 

長い距離のパットの打ち方

 

 

要約

普通にパットを打つ時は、距離が短いから、真上からボールを見る感じで小さく構える。これは方向を大切にするから。

ロングパットでは、普通のパットより振りを大きくするか、普通のショットと同じ構えで打つ。だから距離によって打ち方を変える必要がある。何故なら小さな構えで大きく振ると、方向が狂ってしまうから。

小さな構えでパットをする時はどれくらいの距離まで可能かを知っておく。そしてどの距離から普通のパットのスタイルで打てるか、それより長い場合は、ショットの構えで攻める必要がある。

パターの打ち方で長い距離を方向性良く打てる場合は、すべてのコースをそれで回れば良いが、手や肘に負担がかかるからお勧めはできない。

やはり、どの距離からショットのフォームを変えるのかをしっかり把握しておく必要がある。

【スポンサーリンク】
SPG社のお手頃価格クラブを見る

SPG社のクラブヘッド専用ワックス

天使のショット・パークゴルフ指南
パークゴルフが上達したい人
この精度の高いショットを、誰でも簡単に身に付ける事が可能です。どんな内容か覗いてみてください。 もちろん、無料で見ることができます。
お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
パークゴルフのお悩み相談受付中です。 もちろん、無料ですから安心してください。 ただ、こちらからの返信が不明で戻ってくることがあります。1週間たっても回答がない場合は、受信できる状態で再度送信してください。
テクニックパット
スポンサーリンク
kita-hachiをフォローする
スポンサーリンク
上々パークゴルフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました