上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

パークゴルフ|ラフからのパット

スポンサーリンク
パット
この記事は約4分で読めます。
坊主頭
N.H

ラフからのパットがなかなかうまく行きません。

良い方法があれば教えてください。

きたはち
きたはち

ラフから直接カップを狙うとき、間に芝が入ってボールが転がらず、ショートしてしまったり、かと言って強く打つと飛びすぎたり、となかなかうまく行かないことは皆さん経験済みですよね。

 

ラフからのパット

ラフから遠い距離からカップを狙う場合は、比較的強く打つことができますが、近いとどうしても強さの加減が難しくて、失敗することが多くなります。

 

何故難しいのか

理由はボールとクラブの間に芝が入るからです。しかもその芝の量は、打ってみないと分かりませんから、少ないつもりで打ったら、クラブフェイスに緑の跡が残るように多かったり、薄くて思ったより転がってしまったりするからです。

ではどう対処したら良いでしょうか。それは間に芝が入らない工夫をすれば良いのです。

下図を見てください。

これはイメージです。

 

振るのではなく、滑らせる

クラブフェイスを少し寝せるスタイルを取ります。そのためには少し前かがみになる必要があります。

クラブをそのままボールおよびその先まで滑らせることで、間に芝が入ることを防ぐことができるのです。

しかも寝かせている分、ボールはピョンと浮き上がりますので、さらに距離を多く移動させることができます。

 

慣れてくると、なかなか良い方法です。芝が入らないので、距離の計算ができます。

あとは大きくゆっくり振ることを心掛けてください。速く打つと、距離合わせが難しくなり、失敗が多くなります。もちろん、何回も練習する必要があります。今までのあなたの打ち方とは違いますからね。

ただ、ここでも大切なことは、決して手打ちをしないことです。脇を締めて、体の回転で打つことをいつも申し上げているとおりです。

 

独自の方法、実践編

この方法は私が考えた方法ですから、本や動画にでているものではないので、他に実践している人がいるかどうかは不明です。

この方法で意識することはクラブのソールを芝から浮かせないことです。目的はボールとクラブの間に芝を入れないことです。

ということは右腕は曲げた状態から伸びるという変化をします。それに対して左腕は伸ばしたまま(あらゆるショットの基本です)の方が失敗はしません。

 

1 クラブの移動は次の写真のようになることをイメージしてください。狙う距離によってバック(スイング)の大きさは変えます。

 

2 ボールをヒットする瞬間ということをあまり意識せず、一連の流れの中でボールに当たるという感じで移動させます。

 

3 ボールに当たった後も、しっかりと狙う方向にフォローします。

 

芝が入らず、真っ直ぐ打てる

この方法の最大の特長は2つあります。

1「ボールとクラブの間に芝が入らない」ということです。

何故なら、ソウルを滑らせることによって、芝を倒しながらボールに近づくからです。

2 ロブショットと違って、目標の方向に真っ直ぐ打ち出すことができるので目標を狙いやすいということです。従って成功の確率が高くなります。

腕とクラブのフェイス

さらにこの動きを表現したものが下図です。

クラブの傾きはできるだけ変えないで、手前から芝を押し倒す感じです。この時、肩を回すとボールの方向が変わってしまいますから、狙う方向に腕を押し出す感じで、打つというより払うという感じになります。

足の位置

私が一番やり易い位置は図のとおりです。

1 両足のつま先は目標に向かって真っすぐ。この方が目標を正確にとらえやすい。

2 ボールの位置は真ん中よりやや前

このことについては特にこだわる必要はありません。あなたが一番やり易い形を選んでください。

大きくゆっくり

ラフから出すときはしっかり打たないといけないから、と短く早く打ちがちです。しかし、ボールは逃げません。ここでは大きくゆっくり打ってください。

特にピンが近くにある時はつい強く打ってボールが遠くに行ってしまうという失敗が多くなります。せっかくラフから出たのに、それではもったいない。確実にワンパット圏内に止めるか、うまくやってホールに入れることを狙いましょう。

見た目

いかがでしょうか、あなたの打っている姿がイメージできますでしょうか?

はっきり申し上げて、この打ち方は決してかっこいい形ではありません。むしろ、「なに、そのスタイルは?」と思われる形です。

でもあなたが少しでもスコアアップを狙うなら、カッコ良さよりも結果であるはずです。

ご検討を祈ります。

きたはち
きたはち

ロブショット気味に打つという方法もあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました