上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|パットの曲がりを読む

お問い合わせ
この記事は約4分で読めます。
Y.K
E.K

パットをする時、平らな場所なら良いのですが、マウンドの頂上や坂の斜面にある時、どこを狙ってボールを転がしたら良いのか、またどれくらい曲がるかが分からなくて、いつも苦労しています。上手な狙い方・方向を知るにはどうしたら良いかを教えてください。

きたはち
きたはち

パットに関する質問は多く寄せられますが、それだけスコアアップには重要な意味を持っているからでしょう。

 

パットの曲がりを知りたい

ブログ内でも多く記事を書いています。そちらにも詳しく記載していますので、この記事と合わせてお読みください。

簡単にできます

プロゴルフの中継を見ている時、写真のように、選手がクラブを目の前にぶら下げてグリーンを見ている場面を見たことがありませんか。

これはボールからピンまでの傾きを調べているのです。座って読んでいることもありますが、座ってボールの後ろからピンを見るのは、主に芝目を読む場合です。

しかし、パークゴルフの場合は芝目に影響されるという場面はほとんどありません。私の経験では
数回だけしかありませんでした。

ですから、芝目を読む必要はほとんどなくて、私はもっぱら、傾きだけを見ています。

具体例

分かりやすくするために、写真と重ねた図を使って説明します。

1 まず、ボールとピンを結ぶ線上に立ちます。

2 クラブのグリップを片手の親指と人差し指で持ち、「だらり」とした感じに持ちます。

3 クラブの下の方をボールの真ん中に来るように合わせ、ピンの方を見ます。

4 この時、片目をつぶる必要はありません。むしろ開けたままの方がラインが読みやすくなります。

5 ここでボールの真ん中に合わせるのは必ずピンとボールの「真後ろ」からです。

6 ピンがクラブより左に見えれば(図のように)斜面は左に傾いており、ボールは左に曲がり
ます。

7 狙う方向は実はクラブがぶら下がって見えるラインです。

8 クラブが指している方向を確認し、その方向に打ちます。

方向と強さが大切

ここで気を付けることがあります。それはクラブの方向を狙えば必ず入るかという問題です。

ご存知のように、パッしたボールは、始めは直ぐに進みますが、速度が落ちるに従って、斜面の傾きにより、左に曲がり始めます。

最後は真横に流れるくらいになるということを計算しておかなくてはなりません。(図でピンと書いているのがカップです)

ジャストタッチ(ホールにちょうど届く力)の強で打つのが、ちょうどクラブが示す方向です。

しかし、それでは芝の強さにより届かないことがあります。

普通のパットもピンの30cmから50cm位オバーする程度に打つのが基本です。しかし、強く打てば、ボールは曲がらずに真っ直ぐ突き抜け、ピンの向こうで止まる直前に曲がります。

だから、クラブの方向に強く打ち過ぎると当然入りません。

私は斜面や芝の強さにより、クラブの示す方向とピンの方向の半分の位置とか、カップ一つ分右を狙うというように決めてから打ちます。

この時、パットの打ち方で説明したように、クラブの矢印をその方向に合わせてから行います。

傾きが分からない時に有効

大体、グリーンの傾きは見て判断することが多いですが、ご質問のように、傾きが分からない時があります。

この方法はそんな時に効力を発揮します。どちらに流れるかが分かるだけでも、かなり有効な方法です。

一度練習コースで、この方法を試しながら、強さと方向を体得してください。

斜面の上からも

慣れるまでは、真後ろから見る、という感じがつかめず、あれ、どちらに曲がるのかなと迷うでしょう。

しかし、「真後ろから見る」という感覚がつかめれば、パットだけによるスコアアップは4~5打は得られます。

なお、難しい斜面の上からのパットにはさらに効力を発します。何故なら、上りのように強く打ってはかなりオーバーしてしまうので、ジャストタッチで狙えるからです。

きたはち
きたはち

是非あなたの得意技の一つにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました