上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ゴルフに学ぶパット。3つのポイント

パット
この記事は約2分で読めます。
きたはち
きたはち

これまでも、何度かショートパットを外すと、ショックが大きくなるけれども、次のホールに行く時には気持ちを切り替えて行きましょう、というようなことを書いてきましたが、できればショートパットはしっかり入れたいですよね。

ショートパット、3つのポイント

ゴルフのパットですが、パークゴルフにも大変参考になるので、掲載することにしました。

まず、ご覧ください。

まとめ

内容をまとめます。

1 足幅を狭くして、バックスイングを小さくし、強く打つ。
2 打った後にクラブを止める。上げたり、巻き込んだりしない。
3 後ろから、目標にボールのロゴや線を目標に合わせる。

しかし私は個人的には、2については違うのではないかと思っています。パークゴルフの場合、ショットやパットを途中で止める手法というのは、使いません。しかも、パットの場合、私は
「狙いの方向にフォローを取る」
ということを主張してきていますので、違うのではないかと思うのです。

ですが、人によっては効果がある場合があります。もし、あなたが実践してそのが感触として良ければ採用してください。

きたはち
きたはち

フォームや力の入れ方は人によって異なります。あなたにとって良い結果がでればこのページの意味があるということになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました