上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ティーショットの飛距離を伸ばしたい(2)

ショット
この記事は約4分で読めます。
きたはち
きたはち

飛距離を伸ばす、という記事も結構アップしましたが、それでも人によっては、自分にはちょっと、と思われる方もおいでのようです。
今回はまたちょっと角度を変えた内容で進めます。

飛距離を伸ばす

いくつかの観点を列記してみます。自分に取り入れ易いかどうかを検討してください。

移動がうまくできない

ショットの基本は、頭を中心にした回転ですが、どうしてもうまく体重移動を出来ない人にはこの方法がお勧めです。

パワーが無い人が飛ばすには体重移動がが加わると伸びます。しかし、体重移動をすると、途端にボールの飛び出す方向が狂い始めます。方向性が安定しないのです。

これは重心の移動で、頭も移動するため、ボールをとらえる位置が正確にならないからです。

重心の移動

よく言われる体重の移動すなわち「重心の移動」ですが、これを勘違いしている人もいますので、はっきりと確認しておきます。

「左足から右足への重心の移動」というのは、左足の左側、右足の右側まで移動してはいけません。せっかく捻転でためたエネルギーが逃げてしまいます。こういう状況を「スウェイ」というのです。

打った後に左側に重心が移動するのは、インパクト後ですから、さほど重要ではありません。「十勝打ち」はそのスウェイによる移動をしている訳です。このインパクト時に一番重要なのは、芯でとらえているか、そして最大のエネルギーをボールに伝えているか、です。

バックスイングの時にスウェイしない重心の移動は、右足の拇指(親指)でしっかりと受け止めることです。


(重心を移動したショット)

距離感と方向性の安定

安定したショットをするためには、バックスイングを取りインパクトの強弱で打つことです。しかし、あまり大きくバックスイングを取ると、インパクト時に芯を外し易くなり、返って飛びません。

また、バックスイング時に、手首を使う(コックする)と、理論上は距離がアップしますが、これも芯を外しやすいので、逆に安定しません。手首を使わないで両脇を締め、体の中で回転する方が距離感や方向性が安定します。

両脇を締めると、バックスイングからフォローまでしっかり肩を回す必要があります。どうしても芯を外れる場合は、頭の位置を動かさないことに集中して見てください。もちろん、ボールをしっかり見ます。

ショットを急がない

実際にショットをする前にポイントを確認して、素振りをしてみましょう。
どんなスイングでボールをどの方向に打つか考えて、両脇を締め、頭を動かさず、あるいは、重心の移動を確認しながら、力を入れてスイングします。

これもいつも記載していますが、「いち、に~の、さん」と「間」を入れましょう。「いち、に、さん」では回転を急いでインパクトがズレることもあります。

以前にゴルフの漫画で「チャー、シュー、メン!」と叫んで打つものがありましたが、バックスイングはゆっくり、という感じです。

ボールを体の近くにセットする

以前に、「飛距離を伸ばしたい」の記事で、スイング軌道を体と直角にする、という話をしました。

これはこれで実効性のあることなのですが、逆に「体から離れるので、軌道が安定しない」という人もいました。写真のプレーヤーはこれで飛距離も出るし、方向性も安定しました。しかし、それが自分には合わない、と感じる人もいて当然だと言えるでしょう。

ですから、ここでは違った考えをします。

それは「ボールを体の近くに置く」ということです。今よりも近づけてショットしてみてください。両脇を締めてスイングするので、この方が打ちやすいという人もいます。そして実際にこの方が飛距離も出るようになったのです。人って様々ですね。


(ボールを体の近くにセット)

ということはこの欄でもまだまだ提案することがたくさんありそうです。あなたはあなたに合ったスイングスタイルを確立してください。

左ヒジを抜くショット

ゴルフでもスイングの基本は左ヒジを曲げない、というのが鉄則です。しかし、これを実践するとなんだか窮屈に思える人もいるでしょう。

そんな時は「抜き」を使ってみましょう。

基本はあくまでも両脇を締めてスイングするのですが、インパクトの瞬間に左ヒジを左前方(飛球線方向)に「押し出す」のです。「押し出す」という表現が適切かどうかはわかりませんが、今までの私の主張はインパクトの瞬間も両腕は脇を締めた状態ですが、これはその左脇が離れるという打ち方です。右脇は締めたままです。

この方がスイングし易いと感じる方はそれを実践してみてください。ただし、注意点は左脇が離れることで、クラブとボールの位置関係がズレることがありますので、そこを計算の上で試してください。ただ、スイングスピード上げるをことはできます。つまり飛距離アップですね。

きたはち
きたはち

併せて次の記事も、もう一度読んでみてください。

ここをクリックすると「ティーショットの飛距離を伸ばしたい」の記事にジャンプします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました