上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ティーショットが左右にぶれる

お問い合わせ
この記事は約3分で読めます。

 

ひで
K.M

ティーショットが左右にぶれて、定まりません。

アドバイスをお願いします。

きたはち
きたはち

ティーショットでのお悩み相談のほとんどが、距離が出せないことと、真っ直ぐ狙った方向に行かないの2つです。

ショットのブレ

左右にぶれる理由を科学的に解析して見ましょう。それが分かれば、あなたのブレの原因も除去されるはずです。

ブレの原因

1 ショットの時のボールの置き場所が毎回異なる。

2 左脇が空いている。

3 右脇が空いている。

4 両脇共に空いている。

5 手打ちになっている。

 

ここで、皆さんはおや、と思われるかもしれません。それは「ボールを最後まで見ていない」という項がないことです。

実は正しい、というか、理想的なスイングをしている場合は、インパクトの瞬間にはボールを見ていなくてもそんなにぶれることはありません。

というのも、理想的なスイングをしていれば、スイングの軌道上にボールがあるから、見ていなくてもしっかりとフェイスが当たるからです。極端な話、ダウンスイングの途中で目をつぶってスイングしてみてください。

正しいスイング・理想的なスイングをしていれば、しっかりと当たるはずです。逆に言うと、目をつぶっていても、きちんと芯に当たるなら、あなたのスイングは理想的になっていると言えます。

では正しいスイング・理想的なスイングとはどういうものか?。

それは次のスイングです。

両脇がバックスイングから、インパクトまで締まっているか

初めてこのスイングをする人は、大変窮屈な思いをするかもしれません。でも、これさえしっかりしていれば、「手打ち」には決してなりません。何故なら、腰・肩の回転をしなければ、クラブの振り上げ、振り降ろしができないからです。

しかも、ボールがよく飛びます。

手打ちの場合は、腰・肩の回転をしなくてもボールが打てます。でも、方向は保証できません。

このことは自分ではなかなか気がつかず、修正できないのです。両脇を締めたままだと、肩・腰を回転させないとクラブを振ることができません。そこがポイントです。

 

膝を使い過ぎていないか。

左膝が早く開きすぎると、左の方向に飛び出します。右膝が折れていると、右方向に飛び出します。

そんな場合、膝を曲げないで、腰から上だけで打ってみてください。極端に言うと、上半身だけで打ってみてください。

もちろん、初動からインパクトまで、きちんと両脇を締めて行うことは言うまでもありません。

今までよりは明確に方向性が良くなっているはずです。

 

まとめ

 

きたはち
きたはち

では、以上をまとめます。

1 アドレスの段階で、両脇をしっかりと締める。

2 バックスイングの初めからインパクトまで、その両脇をしめたまま、スイングする。この時、上体の捻転をしないとバックスイングは取れません。

3 両膝を伸ばしたままスイングする。ここでも両脇は締めたままです。

4 もちろん、しっかりとボールを見ること(実はこれも大事なんですよね)

これで方向性はかなり良くなっているはずです。

 

きたはち
きたはち

あとは慣れるにしたがって、より距離が出るように工夫してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました