上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

パークゴルフ|考えるアプローチ

スポンサーリンク
アプローチ
この記事は約4分で読めます。
シル男
K.G

アプローチをする時にはどんなことに注意したら良いか教えてください。

 

きたはち
きたはち

ティーショットを打ったら、次は直接カップインを狙うか、ワンパット圏内に 寄せることを考えますね。

どんなことに注意したら良いか考えて行きましょう。

アプローチで確認すること

 

ティーショットを打ったあなたは、第2打の地点に行きます。ボールがフェアウエイにあって、ピンが狙える場所にあれば最高です。

ここからピンに向かってどのように攻めましょうか。

 

距離と方向の確認

フェアウエイを通って攻められる場合でも、次のことは無視できないファクターです。

まず、残りの距離を目測します。これは日頃から訓練しておきましょう。なぜなら、あなたは距離に応じたスイングができるはずだからです。

分かり易く、例えば、残り10mとしましょう。

 

上り坂か下り坂になっていないか

上り坂なら、あと何m足せば良いかを判断します。例えば12mで良いと考えればその強さで打てば良いのです。

下りは逆に距離を減らします。8mで良いか、9mが良いかは他の人が打ったボールの転がり方を良く観察します。

他の人のショットをボーっと見ているだけではいけません。

 

左右のどちらかに傾いていないか

どちらかに傾いていれば、どれくらい流れるのかも観察し、予測しなければなりません。その際、カップに入れば大成功です。

しかし、なかなかそうは行きません。この時、気を付けることカップの上部にボールが止まらないように打つことです。

上部に止まると、次は下りのパットになり難しくなります。さらに多く打ってしまうことになりかねません。

上りのパットの方が強く打てるので入りやすくなりますからね。ただ、その場合も強く打ち過ぎてどんどんボールが斜面を転がり落ちるという失敗をしてななりません。この場合も強さは考える必要があります。

 

ラフやバンカー、植栽などが無いか

ラフがある時は、その深さによって打ち分けます。このことについては別のトラブルショットで確認してください。

ラフを転がして通す場合は、10mプラス何mかを計算して打ちましょう。できれば最低でもラフを通り抜けることが必要です。

しかし、ラフが残ったとしても、残りのラフの距離はそう長くはないでしょうから、残念がることもありません。これだけラフを通り過ぎた、よくできた、とポジティブに考えましょう。気持ちを切り替えることはどんな場合も大切です。

バンカーがある場合は、バンカー越えをするか、バンカー内を転がすか、あるいはバンカーを避けるかの判断をします。

転がして行く場合、砂が固い場合は、普通に打って行けば良いですし、ピンを狙った打ち方もできます。壁が低い場合はかぶせ打ち(別頁)も効果的です。

しかし、柔らかく、フワフワ状態の砂はかなり強く打つ必要があります。また、砂が平らなことはほとんどなく、ボールが落ちた部分によって、ボールの方向や勢いが変わります。

そんな時は、バンカーの縁を転がすという手があります。バンカーの縁は大体が円を描いていますので、その丸みにより、ボールはピン方向に転がって行きます。方向性を間違わない打ち方をしましょう。

(バンカーとボールの変化)

同じような場所に同伴者のボールがあれば、その人の打ったボールがどう変化していくかをしっかりと観察しておきます。

 

残り10mで植栽を越えるのはほとんど不可能です。止むを得ません。回り道を選びましょう。

植栽の間を通すことは危険が大きすぎます。植栽の間に止まって、どうしようもなくなってしまうことが起こり得ます。ましてその植栽がOBゾーンになっている場合は、結果がOBになってしまいます。

1打増えますが「アンプレヤブル」を宣言して、ワンクラブで狙える場所に移動できれば、その方が傷を深めずに済みます。OBになることを免れたのだから、むしろ1打分だけ得をしたと、ポジティブに考えることです。

ワンクラブ移動してもピンが狙えない場合は、宣言をしないで、狙える位置まで横方向に打つ方が賢明です。

 

芝が順目か逆目か 

順目と逆目は芝の色を見れば判断できます。順目は白っぽく見えるし、逆目は濃い緑色になっています。

これは芝刈り機がこちらから向こうに動いて行った(順目)か、向こうからこちら側に動いて来た(逆目)かで決まります。

 

(白い部分が順目で、濃い部分が逆目)

順目で10mなら逆目は2~3mは強くするべきでしょう。大会前に練習に行った時に、その強さを調べておきましょう。

大きなアドバイスをします。

逆目の場合はボールの変化が大きくなります。例えば斜面であれば、その斜面の方向に大きく曲げられてしまいますし、芝目の流れている方向に流されてしまいます。

練習で行った日に芝の強さを確認できたとしても、芝は毎日伸びますので、刈ったすぐと、何日か後でも当然変わります。意識しておくべきことです。

 

きたはち
きたはち

これらのことを瞬時に判断する必要があります。
日頃の練習の時から意識して攻めてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました