上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|攻めるロブショット、動画付き

ティーショット
この記事は約3分で読めます。

ロブショットを修正した打ち方

きたはち
きたはち

 ロブショットは方向性が難しいというご意見が届いています。

今回は方向性も安定した、しかも攻めるロブショットについて考えてみましょう。

 

基本の確認

ロブショットは別名三角打ちとも言われます。

誤解を与えないようにお伝えしますが、三角打ちがロブショットということではありません。フワーっという感じでボールを上げることをロブショットと言うのです。そしてそのロブショットをするための両足とボールの位置関係が三角形になることからその名が付いています。

テニスのゲームで、相手の頭を超すように届かない高さにボールを上げることをロブショットと言います。これは体勢を立て直す時間稼ぎに使うこともありますね。

次の画像は以前にも紹介したロブショットの考えを表したものです。

 

 

 

 

 

(ロブショットのイメージ)

パークゴルフではロブショットを次の手順で打ちます。

1 両足とボールで三角形を作ります。

2 クラブフェイスは飛球線の方向を向け、(図では赤の矢印)

3 スイングは両足と平行に振ります。(図では水色の矢印)

この打ち方は、コツさえ解れば、ボールが簡単に上がり、転がりと違って芝の影響をあまり受けないショットです。

 

毎回述べていますが、ロブショットで意識することは

1 フェイス面は飛球線方向。別の言い方をすればクラブヘッドにある矢印を狙う方向に合わせる。

2 クラブを振る方向は両足のつま先を結ぶ線の方向そしてこれも脇を締めて振ることを忘れてはなりません。

 

ロブショットの問題点

何人かの方からいただいたご意見の多くは、上記しているように、方向性が難しいということです。実は両脇をしっかり締めて、上体の捻転を戻す感じで打てば、方向性も安定するのですが、何度も練習して感覚をつかみましょう。

しかし、やはり難しいのは事実です。狙う方向が広い場合は安心して打てますが、両サイドにOBがある場合は二の足を踏むことになりますね。

 

上の画像を図式化したものです。

ではその方向性を安定させ、しかもボールが上がる攻撃的なロブショットについて考えましょう。

攻撃的なロブショット

これをイメージすると次の図になります。

上の図と異なる点はお分かりでしょうか、そうです。クラブフェイスの開きが小さくなっています。

より両足と平行に近くなっていますね。ロブショットの基本はどちらかと言うと二等辺三角形であったものが、ボールが左足に近づいた「不等辺」三角形になっていることです。

これだと普通のショットにちかっくなりますので、方向性もより安定してきます。

さらにフェイスの開きも少なくなった分、飛距離も計算し易くなります。ロブショットが大体できるようになった方はぜひ試してみてください。

 

ロブショットの動画

きたはち
きたはち

ロブショットの使い方は、ラフ越えのドッグレッグや池やバンカーを避けて攻める目的に使いますね。

短い動画ですが、参考になると思います。みんパゴチャンネルです。

【パークゴルフ】 ロブショット攻略パート3 マウンド越え

熟練の技という気がします。この打ち方は私にはできません。

ただ、この方はバックスイングに入る時の体の流れが見られますが、長年これで来られたので、板についているというか、この方のフォームとして完成されています。

皆さんは体の軸を動かさないように練習しましょう。

 

きたはち
きたはち

足の位置、クラブフェイスの向き、腕を振る方向に注意して何度もみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました