上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|方向性を出す打ち方と十勝打ち

アプローチ
この記事は約5分で読めます。

狙い通りに打つポイント・クラブフェイス

 

きたはち
きたはち

今回は狙い通りの方向に打つポイントの一つ、クラブフェイスの向きについて考えましょう。

 

クラブフェイスは目標に向いているか

クラブフェイスがボールに当たる瞬間、つまりインパクトの瞬間は、当然目標方向を向いていることが肝心です。

(両足・上体・クラブフェイスの理想形)

 

そんなことだれでも分かっているよ、と言われそうですね。

フェイスを目標に向けることの意味

パークゴルフのプレイヤーの中には、体や足の向き違う方向に向いているのに、きちんとねらった方向にショットする人がいます。

 

これはロブショット(打ち上げ)をする人に多くみられるスタイルです。そして、これらの人の重要なポイントは

打つ瞬間のクラブフェイスの向きが目標方向にあるか

これです。

 

逆に言うと、足と体の向きは、クラブフェイスをねらった方向に打つための「補助」的なことです。

ですからショットの際には、基本的にはこれができていることは大変重要なことなのです。

一方で打つ瞬間の、ボールに当たる瞬間のクラブフェイスの向きさえ、ねらった方向を向いていれば、それで良いという考え方があります。

 

インパクトの瞬間はフェイスがねらった方向を向いていれば方向性は間違いなくあなたのものになります。

 

フェイスを目標に向けるポイント

方向性で説明した図をここでも使います。

これと対比させて次の図を紹介します。

この二つの違いが、今回のポイントです。

一言で言うとインパクトの瞬間にフェイスが目標の方向を向いているかどうかということです。

体を回転させてる人間の手で打つと、上の図でいう方向性が出るのはただの1点のみでしかありません。

この1点のみの方向性をさらに長く伸ばしてやれば良い

というのが結論です。

 

ではその方向性を伸ばす方法を説明します。

方向性をさらに長く伸ばすには、インパクトの瞬間から先は、狙う方向にそのまま振り抜くということです。

体の左側(右利きの人)に巻き付ける振り方ではありません。

インパクトの瞬間までは円運動をしていたクラブの振りをその先からは直線運動に変える、という打ち方です。

この時、両脇を締めていた腕をインパクトの瞬間から、脇を離して真っ直ぐ前に振り抜く、という振り方をするのです。

そうすると、腕とクラブは上に上がって行くことになります。

 

インパクトの瞬間は、アドレスで構えた形と全く同じにすれば方向性が出る訳ですから、その後は脇を離しても何も問題はありません。

 

むしろ、その方がフォロースルーの形がきれいになります。後は体が前に行こうとするかもしれません。いわゆる「十勝打ち」みたいな形です。

人によってはその形を好まない人もいますが、別に十勝打ちは悪くはありません。

   (十勝の第一人者 萩史之さんのショット)

 

そこを踏ん張れば外見上も美しい形になりますが、無理しなくても方向性が出れば良いと言う考えで行けば気にすることはないでしょう。

 

付け加えておきます。

方向性を出す打ち方は、バックスイングも飛球線に沿って真っすぐ後ろに引くと、一層確実性が出ます。

そうすると、一連のスイングが上から見ると直線になりますしかし、このスイングでは距離が出にくくなります。

ですからショートホールで、ホールインワンを狙うには最適なスイングとは言えましょう。

長い距離の場合は前半は円運動、後半は直線運動と体に覚えさせてください。

 

補足:これにあまりとらわれることはありません。流れの中でフォロースルーが左肩の方に回転するのはごく自然の形です。

むしろその方が余計なことを意識しなくても済みますね。

十勝打ち

 

きたはち
きたはち

今までも、距離と方向性を合わせる解説をしてきました。

今回は方向性を出す、十勝打ちをご紹介します。

まず、動画をご覧ください。

これもみんパゴチャンネルで紹介された動画です。

方向性重視なら十勝打ち!【パークゴルフテクニック】

ここで言っています「十勝打ち」というのは帯広の代表的な萩史之選手に代表される打ち方で、次の3つが特徴的です。

1 足はややオープン

2 バックスイングの時、右ひじをたたまない。

これはゴルフのバックスイングの時に右ひじを折り曲げる打ち方をしない、ということです。どちらかと言うと、右ひじを体に巻きつけるイメージです。ここでも意識すべきは両脇を空けないことです。

3 フォロースルーは、ボールを追いかける感じで、体を前に持っていきます。

 

萩さんが花夢里のコースで打っている写真で説明します。

おわかりでしょうか?

十勝では札幌近郊にある有料のパークゴルフ場とは違って、フェアウエイとラフの違いがありません。

つまり、草原で始まった競技ですから、遠くに飛ばすためには転がしては話にならないから、打ち上げるためにこのような打ち方をするようになったと考えられます。

 

しかし、この動画のような打ち方はこの人の打ち方と考えた方が良いと言えるでしょう。

自分で試して、それが良ければ自分のショットに加えましょう。

 

きたはち
きたはち

是非試してみてください。

ですが、基本はやはりこれまでに解説してきた打ち方であることを確認しておきます。

 

まとめ

インパクトまでは円運動、インパクトの後は飛球線方向に直線運動で振り抜く。

コツをつかむまで、最初はゆっくりスイングして、体で覚えましょう。肝心なのは、インパクトの瞬間のクラブヘッドの向きです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました