上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|飛距離を出すためのスイング

ティーショット
この記事は約3分で読めます。
きたはち
きたはち

飛距離についても、いくつかページを作成していますが、別の観点からの解説をします。

 

飛距離を出すために

ショットをする際、腕、グリップに力が入るとスイングが、硬くなり、思ったほどボールは飛びませ
ん。飛ばすためには、強くグリップしないこと。小指と薬指だけで握る感じでクラブを握り(もちろん、緩んではいけません)、インパクト後、クラブを目標方向に放り投げるようなフォローが大事です。

これにより、大きなスイングとなり距離のでる強いボールを打つことができるのです。

ポイントは、次の3点です。

1, インパクトを「点」ではなく、「線」でとらえることです。低く長くとる事によりボール
に力を伝えることが出来ます。

野球で言うと、「ボールをバットに乗せる」という表現をしますが、パークゴルフも同じように、ボールを、狙う方向の線上に乗せてやるという感覚です。パチンと打つというよりは、クラブで運ぶという感覚です。

言葉ではなかなか伝わり難いのですが、次のように試してみてください。

(1)バックスイングは40度くらいで止めます。
(2)その位置からショットをして、クラブを背中側まで回します。

その感覚が、ボールを運ぶというイメージです。
その際、いつも言っているように、手打ちではダメです。しっかりと両脇を締めて、体の回転でショットをすることが大事です。

これを図で説明すると、次のようになります。

このプレイヤーは上体が前方(図で言えば右側)に移動するという癖がありますが、その移動も距離アップにつなげているという特徴があります。大会でも優勝する力を持っている人ですので、このままで良いとは思いますが、頭を動かさなければ、方向性はもっと良くなると感じます。

ここで確認しておきますが、「フォローを大きく取る」ということは、ただ、クラブを頭上から背中側に持ってくれば良い、というのではなく、スイングした勢いでクラブが回っていくという結果につながるということです。

2、トップからの切り返しでクラブを握る強さを変えない、飛ばそうと力を入れないことです。ここで、「ギュッ」と握ってしまうとスイングが小さく、硬くなり、ヘッドが走らず、飛距離が出ないスイングになってしまいます。

3、腕を伸ばして、クラブを目標方向に放り投げるようなフォローを作りましょう。
左側に壁を作り体が目標方向に流れないようにすることが重要です。

図の女性は、上体は移動していますが、左足の壁は崩れていません。

きたはち
きたはち

この感覚が身につけば、バックスイングを徐々に大きくしていってください。

今までと違う距離のボールが飛び出すはずです。

しかし、人によっては合わない、ということもあるかもしれませんが、すんなりと行ける人は進めるべき道です。

どんなスイングも人によっては合う・合わないはあるでしょうがね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました