上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|スコアカードの記載法

お問い合わせ
この記事は約2分で読めます。

 

K.D
K.H

スコアカードの記入方法で、9ホールすべてが3で上がったときの27を基準に書いた方が楽とありますが、この方法の意味と、その他の記載法があれば教えてください。

 

スコアカードの記載法

 

きたはち
きたはち

スコアカードの記載は、いろいろと考えている人もいますね。

いくつか紹介しましょう。

計算が面倒

普通に2、3、4を書くと、集計の時に面倒ということはありますね。ましてや、急かされてたりすると慌ててやるものだから、混乱してしまうことがあります。たかだか9つの数字だけですが。

そこで、お問い合わせのような「3」を標準として記載する B の方法が考えられました。「3」の場合に「ー」を記載します。その「3」よりいくつ多いか少ないかを書きます。「4」の場合「+1」と書くのは面倒ですから、プラスの場合は記号は入れません。

これはプラスとマイナスの同じ数字を消去していけば良い訳です。「3」を基準としていますから、すべて「ー」であれば、「3」×9=27 と計算されます。

最初は私もこの方法を採っていました。ですが、「4」だからプラス「1」、「2」だから「ー1」と一々頭の中で換算して数字に変換するのが面倒になりました。

そこで現在使っているのが C の方法です。

記載する時に、頭の中で換算することなく、「3」以外の数字そのものを記載します。9ホール終了すると、「4」と「2」を相殺します。このスコアの場合、残りの「5」を「ー(つまり3)」より多い数の「2打」を「27」に足して、「29」と計算します。

当然のことですが、「5」の場合は2個の「2」と相殺しても良い訳です。

慣れるとBの方法より記載と計算が楽です。参考にしてください。

きたはち
きたはち

大会での記載はきちんと数字を書くことになっていますので、簡便法は練習の時や仲間内の時だけにしてくださいね。

【スポンサーリンク】
カードホルダーを調べる

コメント

タイトルとURLをコピーしました