上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|ルール事例集(月間パークゴルフ新聞12月号より抜粋)・その11

ルール&マナー
この記事は約4分で読めます。

 

きたはち
きたはち

今回の内容は集計と用具の検査についてです。

11 集計

【質問1】提出したスコアカードの、あるホールのスコアが実際のスコアより少なかった。

回答&説明:プレーヤーは、自分のスコアの提出に責任を持たねばならず、実際の打数より少ない申告をした場合、同伴者を含め失格になります。気を付けましょう。

【質問2】途中のホールでショートパットを外し、思わずカップインせずに拾い上げて来たことに気が付いた。
回答&説明:そのままスコアを提出すると組全員が失格になります。ホールアウトしなかったホールに戻り、あらためてカップインすればホールアウトを認められます。
※ボールを拾い上げたことによるペナルティが付加されます。

【質問3】競技大会終了後、プレーを終えてスコアカードを提出後に練習グリーンでボールを打ってしまった場合は、どのような扱いになりますか。

回答&説明:スコア提出後については「練習ストローク」とはみなしません。スコア提出後のストロークは、提出したスコアに影響せず、プレーオフがある場合は委員会の判断になります。

12 用具の検査

【質問1】用具の基準が一部改正になったとき、改正前のクラブは使用できないのでしょうか?

回答&説明:以前のIPGA認定品は、基準が改正になっても使用することができます。
改造したクラブを使用すると失格になります。(※クラブ、ボール、ティーは日本パークゴルフ協会認定品でなければなりません)

【質問2】ソールに鉛を貼ったクラブでストロークした。

回答&説明:改造したクラブを使用すると失格になります。(※クラブ、ボール、ティーは日本パークゴルフ協会認定品でなければなりません)

【質問3】打球面に透明の保護シートを貼ってストロークした。

回答&説明:これも2と同様、失格となります。

【質問4】グリップに手の位置を決めるための加工(削り)をしたクラブでストロークした。

回答&説明:これもクラブの改造に当たるため、失格となります。

【質問5】打球面を測定器具の平らな面に押し付けると、グリップ側のシャフトが下がっている(グリップがついてしまう)クラブでストロークした。

回答&説明:ロフト角があるクラブは、違反クラブとみなされ使用できません。使用すると競技失格になります。

【質問6】グリップ交換したいが、シャフトの認定シールに、赤と緑があるが、その違いを教えてください。

回答&説明:最近の認定シールは緑です。緑シールのクラブのグリップ交換は同じメーカーでのみ認められています。また、赤シールのクラブは、規定の範囲内であれば他のメーカーのグリップでも取り替えが可能です。

【質問7】ボールキャッチャー(ラバー製のボール拾い)をクラブに装着し、競技会に出場した場合、認められるか?

回答&説明:ボールキャッチャーを取り付けたままプレーした場合は、改造クラブを使用したことになり、競技失格になります。クラブの使用に当たっては、滑り止めのテープや、目印のテープ等のほかは、いかなる付属物も取り付けてはならないとされています。
(実はグリップの先端にこのボールキャッチャーを付けてプレイしている人を見かけました)

【質問8】公式大会において、自分のボールにシールを貼ってプレーした方がいます。他人のボールと間違わないようにマジック等で目印を付けている人はいますが、果たしてこれも、その範疇なのでしょうか?それくらい、問題はないだろうとする人と、あくまでもマジック等の目印はよいが、それ以外は違反ボールだという人がいます。見解をお聞かせください。

回答&説明:ボールには、マジック等を使用して目印等を書くこと以外は認められていません。シールなどを貼ると改造品として扱われ、失格となります。マジックで目印を書く場合には、対象の位置2か所に付けることを推奨します。

【質問9】クラブに貼られたシールが剥がれそうになっていたので、邪魔なので剥がしてしまったが、大会で使用できるか?

回答&説明:認定シールが貼られていないクラブは、公式大会で使用できません(認定シールは、メーカーに再発行を依頼してください(有料))。また、代わりのクラブを持っていない場合は、大会事務局又は第三者からクラブを借りてプレーしてください。

【質問10】ボールの認定を表すクマゲラマークが消えているが、メーカー名は分かる。そこのボールは認定されているのだから、認定マークが消えていても公式大会に使用してもよいのでは?

回答&説明:クマゲラマーク又はメーカー名のどちらかが確認できれば、そのボールを公式大会で使用することができます。

きたはち
きたはち

ルールの順守はお互いを守るためのものですね。しっかりと

【スポンサーリンク】

コメント

タイトルとURLをコピーしました