上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|右に押し出すティーショットの改善

ティーショット
この記事は約3分で読めます。
きたはち
きたはち

以前に「引っ掛けるティーショットの改善」について記載しましたが、自分は右に押し出す傾向があるので、その改善法を教えて欲しいという問い合わせがありました。今回はそのことについて述べてみます。

 

右に出るショットの改善

本当はショットの動画、できれば正面からと真後ろからの動画を送ってもらえば、その問題点と修正点が分かりやすいのですが、文面からでは一般的なことを上げることしかできません。

右に出る原因

両足のつま先は、狙う方向と平行になっている場合、打球が右に出る原因については次のことが考えられます。

1 体の回転が不十分である
2 上体が左に突っ込み過ぎている(腕が遅れている)
3 手打ちになっている(両脇が開いている)

改善法

1 体の回転不足

両足が狙った方向に対してスクエア(平行)になっているにも関わらず、右に出るのはクラブフェイスがアドレスと同じ位置に戻り切れていないことが考えられます。

【改善法】

左足のつま先を開く構えにしてみましょう。こうすることによって、フェイスを狙う方向まで持ってくることができます。

あるいはボールの位置を、いつもより左に置くことも試してみる価値があります。

それでもまだ改善しない時は、足そのものをオープンに構えてみましょう。開く度合いは、右に出る角度を補正する感じです。

2 上体の突っ込み
体重移動をし過ぎることが考えられます。飛距離は多少落ちるかもしれませんが、頭の位置をバックスイングからインパクトまで動かさないことを意識してみましょう。いつも主張しているように、飛距離よりも方向性を優先する打ち方です。

もう一つ加えると、力一杯打つよりも頭を動かさないでスイングすることによって、フェイスの芯でボールを打つことができ、かえって飛距離が伸びる良さが出るでしょう。

3について
肩に力が入り過ぎると、両脇が開いて手打ちになると、方向性が安定しません。この場合、ボールは右にも出ますが、左に出ることもあります。要するに方向性が安定しない訳です。

私自身の体験から言うと、ゴルフでのスライス打ちです。力いっぱい振ってフェイスが開き、ボールにスライス回転を与えていました。右にギュンギュン曲がる訳です。そのため、クラブフェイスをクローズ気味にして打つというショットをしていました。

恥ずかしい話で恐縮ですが、私はパークゴルフをするようになって、ゴルフの打ち方を知りました。ゴルフをしている時の私は両脇が開いていたのです。今考えるとどうして気が付かなかったのだろうと、残念な気分になります。

実は両脇が開いていると8の字(を描く形)のスイングをしていました。今でも時々その悪いスイングが出ます。その時は必ずと言ってよいくらい手打ちになっています。つまり両脇が開いているのです。スイングがアウトサイド・インになるので、ボールまでの距離が合わず、芯を外してしまっていました。だから飛距離も出ませんでした。

これも何度も主張しているように、両脇を締めたスイングを心がけてください。

きたはち
きたはち

いろいろ試して、あなたにしっくり来るショットを見つけ出してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました