上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

パークゴルフ|ショットについて、問答集

スポンサーリンク
お問い合わせ
この記事は約4分で読めます。
きたはち
きたはち

今回はK.Mさんから寄せられた質問についてここで公開します。

Y.K
Y.K

ロブショットについて質問です。

ボールの上げ方

 

【質問】クラブに原因あり?

パークゴルフのロブショットが6割くらいは打てますが、その6割の内訳が高く真っ直ぐいったり、高く少し左側にいったり、します。後の4割は、ゴロです。安定感がありません。
YouTubeなどで打ち方を研究したり、小屋で練習をしています。
クラブにも原因がありますか?
僕が使っているクラブは、ハ〇チで〇ルファ2です。

【回答】

K.M様、お問い合わせありがとうございます。
ショットが安定しないのはクラブが原因とは思われません。私はもう15年前のクラブを今でも使っております。

安定しない理由は多く考えられます。
1つ目は常に両脇を締めて上体の回転で打っているかです。そこをチェックしてみてください。
これは動画に撮るか、他の人に見てもらうのが客観的で良いと思われます。

2つ目はインパクトの瞬間にクラブフェイスが同じ向きになっていないからです。これは上記した両脇の締め方にも影響しています。

補足:両脇を締めて打つ、ということは両脇が体にくっついて離れないような状態で、バックスイングも腕を回すのではなく、上体を右後ろ(右利きの場合)に捻転させることです。

この捻転したエネルギーを、両脇を締めたまま戻してボールを打ちます。バックスイングでも、インパクトでも手首を変えない方がショットは安定します。

3つ目はバックスイングの軌道が一定していないこともあります。
私の記事の中で「距離を伸ばす」内容のものがありますので参考にしていただきたいのですが、クラブはよく言われるように「真っすぐ飛球線の反対側に引く」のではなく、背中側に引く(これも両脇を締めていれば自然とそうなります)、そして上体の回転でスイングすることを意識して実践してみてください。

良い結果がでることを期待しております。

 

【質問】両脇と足

私は、脇を締めて打っています。脇は、少し開けるくらいが良いですか?
私が打つ時、ボールの位置は、足の真ん中です。
ボールを左足の前で置いて打つとクラブフェイスの芯の下で打っている感覚があり、ゴロになります。
インパクトの時はクラブフェイスが斜めの上向きではなくて、構えた時と同じで真っ直ぐの上向きなのですか?
オープンスタンスにして、両足と平行にクラブを振っています。

【回答】

脇は両腕と胴体を縛ったように、ぴったりとくっつけないと安定しません。安定というのはインパクトの瞬間にクラブフェイスをいつもと同じ向きに持ってくることです。

両足をスクエアに構えるなら、ボールは両足の真ん中に置いた方が芯をとらえやすくなりますが、上げる場合は不向きです。ゴロにしかなりませんね。

ロブショットをされているということですから、足はオープンで、ボールは真ん中と言う置き方に間違いはありません。しかし、ライナーくらいで打つならやや左足よりの方が方向性も安定しますし、距離も稼げます。

方向が安定しないのは、繰り返しになりますが、インパクトの瞬間のクラブフェイスの向きだけの問題です。インパクトの瞬間に手打ちをすると、フェイスの向きが一定しません。したがって両脇を締める意味は、フェイスの向きを安定させるということですし、飛距離を伸ばすということにつながります。

両足はオープンになっていますから、その体の向きで言うならば、クラブフェイスは「狙った方向に真っすぐ」ということになります。当然、アドレスでもやや上を向きますね。

【質問】クラブのしなり?

アドバイスありがとうございます。

クラブのシャフトのしなりを利用して打つとロブショットは上手く打てますか?

【回答】

ゴルフと違って、パークゴルフのクラブはそれほど軟らかくはありません。したがって、しなりの力で飛ばすという感覚は持てないはずです。

もっとも私が知らないだけかもしれませんが。

【質問】右手の甲

そうでしたか。
仮にシャフトのしなりを利用する打ち方なら、インパクトの時、手首を返して右手の甲がはっきり見えます。インパクトの時、手首を返して、右手の甲が見えてフォロースルーをする必要は、無いのですね。

Y.K
Y.K

アドバイス毎度、毎度ありがとうございました。

きたはち
きたはち

また何かありましたらお寄せください。

皆さんも、どんなことでも良いですから遠慮せずにお寄せください。

スタッフ一同、お待ちしております。

質問コーナーは、このページの下にもあります。ご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました