上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|メンタルを考える(2)

その他
この記事は約3分で読めます。
きたはち
きたはち

大会になるといつもどおり行かない、何でもないところでミスショットしてしまう、1mもないパットを外してしまう、なんとてことありますよね。

それはほとんどが緊張によりメンタルに影響を与えてしまうことによるものです。

 

メンタルの弱さが導くもの

メンタルについては、次の記事でも記載しています。

メンタルを考える

併せて参考にしてください。

結局は意識の問題

「結局は意識の問題です」などと書くと、余計意識して良くない状況の方へ行ってしまいそうですね。

ならば良い方向へ意識を持っていく状態を作り出せばよい訳です。

「おれは誰かが見ていると失敗してしまう」「私は他人の目を気にしてミスしてしまう」という人は結構多いのではないでしょうか。多分、上手なベテランさんも、大会での第1ショット目は意識してしまうのではないでしょう。

そんな時に失敗しない方法を身につけておけば良いと思いませんか?

そこそこ、それが無いから失敗するんだよ、という声が聞こえてきそうです。特に女性の皆さん、貴女が失敗しない言葉を伝授します。それは
「私はミスじゃない、ミセスだからミスは無い」
という言葉を、ティーグラウンドで頭の中で繰り返し叫びましょう。

単なるシャレですが、これで別のことに意識をもって行くのです。
「ミセスだから、当たるのよお~」
と「当たるのよお~」に合わせてショットしましょう。

これを普段から実行していれば、平常心でティーショットができます。

では男性はどうしたらよいでしょうか?同じです。
「俺はミスとは関係ねえ~」
「関係ねぇ~」でショットをしましょう。

いえいえ、ふざけているのではありません。今、これを読んで他人の目のことなんか忘れていたでしょう?。そこなんです。

意識を他のことに向けるのです。本当は「無」の状況を創り出せれば良いのですが、修行を積んでいない私たちにはなかなかできないことです。ですから、意識を他のことに集中するために行うルーティンのようなものなのです。

意識を集中させるためには

そのためには何でも良いのです。

ちばてつやさんの漫画「あした天気になあれ」の中の主人公・向太陽がショットのリズムを確実なものにするためにクラスメイトの白石えつこからのアドバイスで始めたものです。

スイングが速くならないように「チャー、シュー、メン!」と言葉を発し、バックスイング、トップ、インパクトのリズムを合わせるようになったのです。

あなたに合った「魔法の言葉」を頭の中で発しましょう。「回りのことを気にするな」と考えるよりは「私はミセスだから、当たるのよお~」という方が意識を具体的な別の方に持って行くことができるのです。

「思いっきり飛ばしてやろう」とか「ミスしたらどうしよう」「落ち着けよ」なんていうことを考えるよりは
「チャー、シュー、メン!」
の方がずっと効果があります。

 

息を止めない

「テレビ体操」「ラジオ体操」では、どの運動をする時も「息を止めずに行いましょう」と呼びかけます。呼吸を止めると筋肉が硬直してリラックスできないからです。

ティーショットをする時も、バックスイングの時に大きく息を吸い(慣れるまでは小さくても構いません)、ダウンスイングに入ったら口から思い切り息を吐きましょう。

これを上の言葉と結びつけると
「チャー、シュー」まで息を吸い、
「メン!」で一気に吐き出します。

 

きたはち
きたはち

魔法の言葉を見つけましょう、それがリラックスへの道です。

「メンタルを考える」へジャンプします

 

(参考:画像はBOOK ☆WALKERから)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました