上々パークゴルフ New Version

一歩前に進もう!

エラーが表示される時は、タイトルの「上々パークゴルフ」をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

パークゴルフ|マナー。ティーグラウンド・ホールアウト

ルール&マナー
この記事は約4分で読めます。

 

くま
M.K

初心者なので、ルールやマナーがよく分かっていません。教えてください。

きたはち
きたはち

パークゴルフの技術もさることながら、ルールやマナーもしっかりできないと、同伴者や他の組に不快な思いをさせる可能性があります。ではしっかり学んで行きましょう。

ティーグラウンドでのマナー

ティーショットの良し悪しは、そのホールでの成績を大きく左右します。したがってティーショットをしようとする人に動揺を与えるような言動は慎まなければなりません。

1 同伴者がアドレスに入ったら、周囲の人は私語をしない。

2 打つ人の視界に入るところで、動いたりしない。球筋を確認しようとして、ティーグラウンドの真後ろに立つ人がいます。これは視界に入りますので絶対にしてはいけません。

3 全員がティーショットを打ち終えるまで、前に出ない。これは危険防止のためです。過去に死亡事故も起こっています。特に家族連れの組で、子どもが早くボールの場所に行きたがることが見かけられます。

一緒に回っている親も知らないことが多いです。本当は受付でこのことだけでも説明してくれると良いのですが、なかなかなされていないのが現状です。こういう場面に遭遇したら、親御さんに丁寧に説明してあげましょう。

4 使ったティー(備え付けの物)がティーグラウンドから落ちたら、元に戻す。これは慣れた人でも見られます。つい自分のボールの行方を見ていて、そのままティーグラウンドを降りてしまうことが多いです。

これも次の組のためにきちんとティーグラウンドに戻しておきましょう。

 

きたはち
きたはち

1.私語は同伴者だけでなく、後ろの組の人も気を付けるべきです。

2.打つ人の視界の中で動くのは見えるものです。気を取られてミスショットをすることもあります。

 マナーとして待つべき場所

ティーショットをする人以外は、そのショットの邪魔をしないように配慮が必要です。基本的には次の図の破線の内側で待ちましょう(右利きの人が打つ場合)。

もちろん、動いたり話をすることは厳禁です。

図の破線の内側で待ちましょう。上記したように、ティーグラウンドの真後ろから見る人がいます。これも視界に入りますので、やめましょう。

ラウンド中のマナー

パークゴルフは、みんなが楽しめるように考えられ、技術よりもマナーやエチケットを優先したゲームとされています。日本パークゴルフ協会の基本理念も

ルールはやさしく、最小限のことにとどめていますが、足りない部分はマナーやエチケットをきちんと守ると、おのずと補われてくるはずです。(エチケットについて)

と伝えています。

ラウンド中も楽しく語り合いながらプレーを楽しむことこそが大切にされるべきことでしょう。

しかし、言うまでもなく自分たちさえ楽しければ良いというものではありません。上記しているように、他のプレーヤー、他の組のプレーヤーにも配慮が必要です。

ご承知のように、パークゴルフのコースは隣のコースとの距離がとても近くにあります。隣でもプレイをしている場合は、その点も考慮してあげましょう。気が散るような言動は誰が考えても歓迎されるものではありませんよね。

ホールアウト後

あなたを含めて同組の人が全員カップインしたら、すぐに次のホールに向かいましょう。

グリーン上で、「今のパットはこうすべきだよ」などと講議をしたり、スコアの確認をしたりするのは、次の組を待たせることになります。早々にホールを明け渡すことがマナーです。

そして全員がホールアウトしたら、次の組に手を挙げて「終わったよ」ということを知らせましょう。この時、後続の組の人をきちんと見て手をあげましょう。後ろを見ないで手を挙げる人もいますが、相手にきちんと伝わったか確認するためにも振り返って挙げることは必要です。

この時、誰が手を挙げるかという質問を受けたことがあります。それは最後にカップインした人が一人だけ挙げれば十分です。二人も三人も挙げる必要はありません。

最後にカップインした人が忘れていればマーカーさんでも、気が付いた人が挙げれば良いと思います。

また、それを受けた後続の組のオナーも手を挙げて応えましょう。それがお互いのマナー、エチケットです。

きたはち
きたはち

お互いに気持ちよくプレーするために必要なことですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました